お金は「人生の絵の具」を買うためのもの。

タイトルはどういう意味か?


自分、「お金を気にして○○ができない」ってマインドがすっごく嫌なんです。

画家が描きたいイメージがあったとして、絵の具が揃ってないから描くのを諦めるってあり得ないですよね? そんな感じです。


とはいえ、そんなに高級な絵の具を所望しているわけではありません。

あくまで、「これなら○○ぐらいかな~」という自分のイメージに当てはまればOK。

人生というキャンバスに絵を描くときに、絵の具の存在を意識せずに描けたらいいなーみたいな感じです。

色がイメージと合っていれば安い絵の具でも問題はない、ただし合う系統の色自体を持っていなかったら何としても手に入れます。

高ければ高いほどイメージに合致するというわけでもないので、そこは自分の胸にきくしかありません。


とはいえ、セルフイメージが変わればこの考え方も変わるのでしょう。

皆さんに絵の具を分け与えて、互いにインスピレーションが広がるような状況を作るのが理想です。

そのためには、まず鮮やかな色の存在を知らないといけませんね。

これからも外から色々な刺激を得ていきたいと思います!